サイトマップ

印刷

沿革、校名および校章の由来

本校の沿革


八潮高校は2018年6月14日に創立100周年を迎えました。
本校の沿革はこちらからご確認ください。
 

「八潮」という名について


本校第十回(昭和五年)卒業生 篠田桃紅 先生 書

 

 「古語で新しい響きをもった『八潮』という名はほんとうにうつくしい。途方もなく大きな海の心を昔の人が優雅な言葉にしたように、私は、私の心の『八潮』を線に托しました」これは同窓の篠田桃紅さんが『八潮』の額を書いて下さった時に添えられたことばです。私共の先輩は、第八の八の字と、当時品川湾を間近に朝夕望み見る環境から、古語の中に「八潮」を選び出して当時の短歌部の会誌の名とし、それをやがて同窓会の名とし、更に母校の名とするようになりました。創立以来の校歌は限りなく優しく美しく素朴な名歌名曲でしたが、創立四十周年の記念として改められた現在の校歌には、作詞者も作曲者も「八潮」の名称に感動と意欲をそそられたことが十分に推察されます。「八潮」の名はわれわれ関係者ばかりでなく、日本人の一人一人が感動と意味を共有する美称です。私もまた「八潮」の名を誇りに思い、このことばの響きに感動を禁じ得ません。

(元八潮会会長 真田淑子様談)

 

校章の由来

 

 この校章は、八咫(やた)の鏡・八を意味する2つの勾玉を月桂樹で包むものである。鏡はわが身を照らすものであり、相寄りそう2つの勾玉は助けあう家庭、社会、人類を表す。戦後新制高校となったのに合わせ、勾玉の間に高の字が加えられた。
 
(東京都教育委員会「都立学校沿革」平成2年1月)

 

〒140-0002 東京都品川区東品川3丁目27-22
電話 : 03-3471-7384 ファクシミリ : 03-3472-9840